リノベーションで空き室対策

部屋

リノベーションとは

最近、リノベーションという言葉をよく耳にします。
似たような言葉にリフォームというものがあり、混同されがちです。
しかし、両者にきちんとした意味があり明確な違いがあります。

リフォームというのは、老朽化し古くなってしまった建物をピカピカの新築状態のように戻すことを指します。
マンションやアパートは入居する前の状態に戻すことを指すこともあります。

リフォームでは壊れていたり、汚れていたり、老朽化していたりした部分に修理をしたり新しいものに変えたりする作業が行われます。
具体的に外壁の修理やキッチンやバス設備の入れ替え、壁紙の張り替えといったような作業がリフォームに当てはまります。
このような作業は長いものもありますが、最短で1日で終わるものもあります。

それに対して、リノベーションはもっと大規模な工事のことを指します。
新築の時よりも住宅性能を向上させ、価値を上げることを目指すために大掛かりな作業が行われます。
住環境を向上させるために、キッチンやバス設備といったものを最新のものにするだけでなく間取りを変えたり内装を大掛かりな変更をしたりといったことが行われます。

両者の大きな違いとして、工事の規模と住まい性能の違いとがあります。
キッチンをシステムキッチン石たり、最新のトイレにしたりという作業はリフォームとされます。
リノベーションはこのような設備の入れ替えだけでなく、間取りや水道管といった設備の変更も含まれます。

リフォームは新築の状態に戻すことを目指しますが、リノベーションは新築の性能以上のものにする工事が行われます。
最近はリノベーションとして内装や外装を大掛かりな変更して新しいものにするだけでなく、リノベーションによって耐震性能を上げる工事も組み込まれることが増えています。

リノベーションで空き室対策

最近リノベーションが注目されるようになったことで、リノベーション物件というだけで付加価値が高まります。
空き室が出た際に、リフォーム済みというより広告を出すよりもリノベーション済みとして広告を打ち出す方が問い合わせも格段に増えます。

実際に、リノベーションをした物件は工事開始前に入居者が決まった例もあります。
特に1階の物件であったり日当たりが悪かったり、駅から距離があったりといったマイナスポイントのある物件の場合には、リノベーションのような付加価値はマイナスポイントを払拭するのに有効です。

ただし、リフォームよりもリノベーションは改修内容が大掛かりであるため工事費用も期間もかかってしまいます。
しかし、常に空き室が出るたびに次の入居者が見つかるまでに苦労するという場合には、検討することも有効です。

その際には、きちんとリノベーション費用の回収とその後の利益が出せることをしっかりと計算して踏み切ることが大切です。