経営開始後のポイント

アパート

負担は軽くすることも可能

土地活用としてアパート経営をしようと決めると、開業までがとても大変だということはイメージしやすいものです。
地域のニーズを調べてそれにあった建物の構造や内装を考えたり、その建物が様々な建築基準を満たしているものになるのかを練りつつそれが借りられるローンの範囲内で建築できるのかも考える必要があります。

また、ローンについても予算額を借りることができるか、そして条件の良いローンが組める銀行を比較検討したり、決定後には契約のために書類を書いたり必要な書類を集めたりとその作業は思いの外大変なものです。

そして、アパートを経営開始するには入居者を集めなければなりません。
不動産会社に入居管理を依頼するならば、管理委託先の不動産会社を探さなければならないですし、管理業務も委託する場合には管理会社の委託先も探さなければなりません。
これ以外にも役所にアパート経営開始にあたっての書類提出も必要ですし、確定申告書類や節税のための書類作成といったことも必要です。

このように開業前に準備すべきことが多いのは予想しやすいですが、実は経営後も行わなければならないことはいろいろあります。

もちろん、管理業務を委託するとその仕事内容の負担は軽くできますが利益から委託料を支払うこととなるので物件が遠方であったり複数のアパートを運営していたり、他に仕事をしていて多忙であったりしない限り自分で管理をする人も多くいます。

アパート経営開始後の仕事

アパート経営開始後の仕事は管理業務がメインです。
家賃がきちんと支払われているかという金銭面での管理と設備の管理が管理人としての仕事になります。

特に設備点検は法律で義務付けられたルールに則って行わなければならないので必ず行う必要があります。
それ以外にも定期的に物件を覗いて設備の不具合の確認や清掃といったことも行う必要があります。

他にもイレギュラーに入る仕事としてトラブル対応があります。
住民の騒音やゴミ出しのルール違反、その他迷惑行為に対して注意して改善をすること、繰り返し改善要求をしても変化がない場合には退去勧告をしてその手続きをする必要もあります。

家賃についても未納が続けば督促をしたり、同じように退去勧告をする必要もあります。

このように、経営開始後の管理人としての仕事も思いの外忙しく大変なものであり特に住民対応は神経を使うものです。
マンションは経営前の準備について勉強会に参加する人は多いですが、経営が始まってからの管理についても対応の仕方や管理のコツのセミナーやイベントにも参加して学ぶ機会を作ることがお勧めです。