騒音トラブルについて

ヘッドホン

不快な気持ちにさせてしまう

マンションやアパートのような集合住宅に住む際には多くの人が騒音のことを心配します。
自分自身の生活音や子供の足音が周囲に不快に思われないか、また逆に周囲の住民の騒音に悩まされることがないか不安にも思うものです。

騒音というのは人によって感じ方が異なるものです。
そのため、自分では平気だと思っていたことが周囲の人の中には騒音と捉えられてしまうこともありますし、その逆で自分には耐え難く周囲の人は耐えられるという場合あります。
特に騒音を感じやすい夜の不快な状態はストレスになりますし、そのような状態で話し合いをするとトラブルが深刻化してしまうこともあります。

このような騒音トラブルは、事前に防ぐことは難しいですし人それぞれで感覚が音なるために対応が難しいものです。
新しく引っ越してきた人が非常識で騒音を出すこともありますし、その逆で神経質な人が入居したことで騒音と感じることもあります。

そのような時に、住民同士で対応するのではなく管理人が間に入って解決をさせていくことがトラブルを大きくしないために大切なことです。

騒音への管理人の対応

騒音でのトラブルが起きた際、住民は直接当事者へ連絡するのではなく管理人に問い合わせてくることが一般的です。
騒音の例として、上の部屋の足音や子供の騒ぎ声、上や隣の部屋から聞こえる夜間や早朝の掃除機や洗濯機の音、ステレオの重低音、楽器の音といったものが挙げられます。

問い合わせを受けたらその騒音の状況確認が必要です。

場合によっては複数の部屋から騒音の苦情が出ることもあります。
そうなれば、誰もが騒音と感じるものであるということですぐに騒音の元となっている住人に注意をしやすいです。

難しいのはそのような申し出が1件のみの場合、騒音元があっているのかということから確認の必要があります。
上の階からの騒音かと思いきや斜め上や隣の部屋の騒音であることもありますし、問い合わせをしてきた人が神経質で騒音とは言えないような程度の音である場合もあります。

音の程度や、騒音元の特定をしてもまずはすぐに直接な連絡をするのではなく掲示をしたり全戸に案内の手紙を投函をすることが望ましいです。
この掲示や手紙だけで状況が改善すれば理想的な解決ができますし、住民にきちんと対応していることをアピールすることができます。

これでも状況が改善しなければ、騒音元に直接出向いてその旨を伝えることが必要です。
電話や手紙を再度投函するよりは、顔を見て話をする方が、誠意も伝わりますし騒音元の人の様子も理解できます。
これでも改善しなければ配達証明での退去勧告を出したり、退去の手続きの案内をしたりということをして解決を目指します。