アパートローンと住宅ローンの違い

住宅

長期的に安定した収入を得る

遺産相続をきっかけに土地活用を検討する人も増えています。
土地を残しているだけでは利益が発生しないのに諸々の税金を支払わなければならない状態になってしまいます。
そこで、その資産で利益を得ることで税金の支払いを検討する人が多いのです。

このような土地の活用法として最も人気なのがアパート経営です。
駐車場や遊休地にするよりもアパートの方が節税になりますし、将来的な私的年金にも生命保険代わりにもなります。
長期的に安定した収入を得ることができるのは、現在の先行き不透明な経済不安の状態絵はとても心強いものであるために検討する人が多いのです。

住宅ローンとアパートローンの違い

不動産投資を始めようと思っても、その資金がないということはよく言われることです。
アパート経営を始めるには建築費用も必要ですし、開業にあたっての入居者募集の広告の打ち出しや不動産会社やアパート管理委託会社への依頼費用の支払いとたくさんの初期投資が必要です。
土地があっても資金がないという人や、アパート経営をしたいけれども物件がないという人はローンを組んで開業をしていきます。

このような不動産投資ローンを組む際には、住宅を購入する際に組まれる住宅ローンと比較されることが多いです。
しかしその仕組みは大きく異なります。
この二つの大きな違いは借りた資金の使用目的と返済のための収入源が異なることにあります。

住宅ローンは自分や家族が住むための場所購入のための資金を借り入れて、返済資金は居住者の給与が一般的です。
それに対して不動産投資ローンの一つであるアパートローンは、投資ように購入した物件の家賃収入でローンを支払うのが特徴です。

住宅ローンは勤務先やその年収が審査で重要視されるのに対して、アパートローンはその事業計画も融資の際には重要視されます。
住宅ローンよりもアパートローンは金利も高いですし、審査が厳しくその審査の内容も金融機関によって異なります。

また、アパートローンと呼ばれるアパート投資専用ローンはすべての金融機関で用意されているわけではありません。
そしてローンンオ内容や金利、繰上げ返済のルールも金融機関によって異なりますから自分の条件に合うものでなおかつ審査の通る金融機関を探すことがお勧めです。