不動産投資と節税

紙幣

購入資金も手が届きやすい

不動産投資はその投資額が大きいために投資としては敬遠する人もいますし不安に感じる人も多くいます。
しかし、不動産投資は実は株式よりもずっとリスクが少ないと考えられています。

また、長引く不況から不動産の下落傾向が強まって言えるために購入資金も手が届きやすい価格になりつつあります。

そして、不動産投資にはメリットもたくさんあります。
毎月家賃が収入として得られるために長期的に不労所得を得ることができます。
この家賃の収入は退職後の生活において年金が受け取れるか不安のある今、私的年金として余裕のあるセカンドライフを送る安心感が高まります。

この安心感は他の投資では得られない大きなメリットでもあります。
還ってくる金額が安定的につづくということは何かあった時の将来の備えとなり、自分の財産をうまく活用できることになるのです。

また、生命保険の代わりのものにもなります。
不動産の購入にあたってローンを組むことがほとんどですが、その際に団体信用生命保険に加入するのが一般的です。
この保険に加入しておくととで、ローンの返済にたいする保証を受けることができます。

ローンの返済をしている間、死亡してしまったり、大きなケガや障害を負って金額が払える状態でなくなった場合もその残額を保険金から支払ってくれるのです。
残された家族にとっては不動産が資産として残りますし、ローンの返済もせずに済むために、この保険は生命保険のような役割を果たすと言われるのです。

不動産投資で節税

そして、不動産投資をすることで、節税対策をすることができます。
まずは、不動産投資をすると得られる家賃収入雨は不動産所得として申告することができます。

この不動産所得の収支額が赤字の場合には所得税が還付され、それに伴って住民税の金額も節税することができます。

また、現金や証券がが相続や贈与された際には非常に高額の税金を負担しなくてはならなくなります。
それに対して不動産で相続や贈与をされる場合には、納める税金の額を減らすこともできます。

このような理由から不動産投資が節税対策に効果があると言われるのです。